• プロフィール
  • HOME

Corporate Profile 会社案内

京都と北欧を結ぶ。

興石は、数奇屋建築の中村外二工務店の設計および建築施工会社として1984年7月、中村義明によって創業され、1988年には指物部と家具部を開設いたしました。家具部では設立当初、特注家具の製作を主要業務としておりましたが、翌年には北欧から厳選されたクオリティの高い家具の輸入販売へと業務を拡大し、今日では日本国内外を問わず、個人住宅からレストラン、ホテル等、幅広いデザインプロジェクトを手がけております。京都ショールームではデンマークと日本、木をこよなく愛するふたつの国の出会いをご体感いただけます。

京都と北欧を結ぶ。

造形美と機能性のクラフトマンシップ。

興石コレクションの代表格であるフィン・ユールは、その卓越した構造体設計力とユニークな意匠を調和させる完成度の高さから「家具の彫刻家」として世界に知られています。またハンス・J・ウェグナーは「椅子はそこに人が座った時に初めて完成する」という言葉を残しています。余分な装飾性をそぎ落としたエレガントな造形美と、人間工学に基づく機能性を高度な次元で融合させた洗練されたデザイン。木の特性を知り尽くしているからこそ、その特性を活かす事によって生まれる耐久性。このデンマーク家具の造形哲学と、日本の数奇屋建築を初めとする匠技には同じ空気が流れています。この素晴らしいハーモニーを活かした弊社ならではの品揃えの中には、世界のコレクター憧れの逸品も多数ございます。デンマークの人びとがこよなく愛する“hygge”(団欒、安らぎ、心地よさ)に満ちた暮らしは、常に木の香りとともにあり、優れた職人の手によって生み出された家具が、その木の香りを更に豊かなものにするのです。興石は、お客様の暮らしをhyggeに彩り、末永くご愛用いただけるものをお届けしてまいりたいと思っております。

  • 造形美と機能性のクラフトマンシップ。
  • 造形美と機能性のクラフトマンシップ。
  • 造形美と機能性のクラフトマンシップ。

名作として受け継がれる数々のデンマーク家具 オリジナル図面(興石 所蔵)

お客様にご満足いただけるサービスを。

興石では京都本社の指物部、家具部に加え、東京青山にオフィス、デンマークのコペンハーゲンには倉庫をおき、発注から納品までお客様にご満足いただける高度な品質とサービスの提供を心がけております。また京都本社ショールームでは椅子を中心に常時100点ほどの家具を展示しており、ビンテージ家具の中には設計図原本と共にご覧いただけるものもございます。その他、薪ストーブ、カーペット、照明器具、床材、テーブルウェア類、オブジェなど、興石が北欧から厳選して輸入した商品によるトータルな住空間をご覧いただけます。さらにホームページではビンテージやモダン家具、興石オリジナル家具のご紹介だけでなく、入荷商品や展示会のお知らせなど、タイムリーかつ多角的にご紹介し、お客様へのサービスに努めております。

お客様にご満足いただけるサービスを。

  • HOME
  • ショールームのご案内
  • ギャラリーIndex
  • ニュース&トピックス
  • プロフィール
  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • English
  • 京のあかり